おしゃれな名刺のデザインで個性を表す

名刺は、自分の基本情報のみならず個性を表すことができます。
たいていの場合、名刺は本人の最低限の情報を印刷します。
主な印刷事項は、会社名と役職名、氏名です。
ときには、オフィスで使用しているメールアドレスを記載します。
簡潔な内容でわかりやすい反面、画一的な印象を受けます。
そこで、相手に所属する部署や自分自身をアピールしたい場合には、ひと工夫が必要です。
工夫することで、部署や自分自身をアピールすることができます。
名刺は、そのデザインによって印象が変わります。
名前を漢字からアルファベットに変えるだけで、以前とは異なる印象になります。
また、字体を変えるとさらに文字に表情が現れます。
ゴシック体や明朝体ではなく、カリグラフィー系やポップなデザインにするとより個性が強くなります。
そして、渡した相手にインパクトを与えることができます。
デザイン事務所など、とくに自己表現にこだわる業種の名刺は、形状に工夫を凝らしています。